マイナンバー 税還付制度

そういえば!マイナンバーの税還付制度はどうなった!?

そういえば!マイナンバーの税還付制度はどうなった!?

現在(2015年9月)マイナンバー制度を利用した消費税還付制度が検討されています。

 

マイナンバー制度によって、番号が決められているのですが、これを利用して商品を購入した後、一部の商品については消費税増税分の還付を行い、8%に抑えるようにする方法です。これを提案として出されており、軽減税率の一環として利用されることもあります。この方法は購入する際に10%の消費税となるものの、還付することで8%に抑えることができる方法となっています。

 

しかし難色を示していることもあり、実現するかどうかは微妙なところです。まずマイナンバー制度を利用して買い物をしなければならない点が厳しいとされており、手軽に買い物をすることが出来ない点と、カードを持っていなければ買い物をした時に還付の対象にならないという問題が出ています。

 

更に消費税10%という数字が必ず適応されてしまいますし、購入した履歴等が判明して、個人情報という観点でも問題が起こりやすくなっているのです。
現在マイナンバー制度によって、税金の還付制度を利用する動きも出ていますが、様々な問題が生じているのも事実です。

 

特に軽減税率については、かなり協議が進められており、他の案も含めて考えていくことになっています。買い物をする際に提示しなければならないため、紛失などによってカードが無くなってしまう可能性も高くなり、危機的な問題が生まれることもあります。そのため還付制度が実現するかどうかは不透明な状態です。